記事一覧

家計のやりくりで悩んだら

主婦

銀行と消費者金融

主婦は家計の管理を任されることが多いので、時には生活費が不足してしまう、急な出費が発生するなどで悩む人も少なくありません。生活費の範囲でやりくりができることが理想ですが、どうしてもお金が足りない、すぐに現金が必要という場合はカードローンの利用も検討したいところです。カードローンは目的が自由に使えるローンですので、生活費から交際費、医療費、レジャーなど様々な場面で活用することができますし、限度額の範囲で何度も利用できるので一枚カードを作っておくと何かと便利です。主婦の場合はどのようにカードローンを申し込むのかも知っておきたいですが、まずパート、アルバイトなどで本人に安定した収入がある場合は消費者金融でも銀行のカードローンでも、特に配偶者の同意は必要なく、本人が申し込むことができます。時には借り入れをしていることは家族にも知られたくないという場合もありますが、多くの業者はプライバシーに配慮していますので、家族が借入をしていることを知る心配はないと言えます。カードの受け取りも郵送ではなく店舗や自動契約機の受け取りを選んでおけば、他の家族に気付かれずに受け取ることができます。そして、専業主婦の場合は送料規制の対象である消費者金融の利用は難しいものがあります。銀行カードローンなら、配偶者に安定した収入があれば専業主婦にも利用できることが多くなっています。専業主婦に対応した銀行カードローンは、配偶者の同意や収入証明書の提出が必要ないということも多く、申込みやすくなっています。

Copyright© 2018 最初にカードローンランキングを確認!返済シミュレーションも行える All Rights Reserved.